教師の環境

【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール

te37

自分の強みを自信に変え、自分の行動の道しるべとなる優秀な自己分析ツールの『ウェルスダイナミクス』。ウェルスダイナミクスは仕事の悩みや人間関係の悩みを解決し、生活を改善したいと思っている方にオススメできるツールです。そして、仕事やお金、プライベートもすべて、今よりもさらに充実したいと思っている方にもオススメできます。

ウェルスダイナミクスの『簡易テスト(ジーニアステスト)』は、無料で受験できるため、「ウェルスダイナミクスがよくわからない」という人や「ウェルスダイナミクスを上手く利用できる気がしない」という人も安心して受験することができます。

\氏名とメアド入力で受験可能/

【ウェルスダイナミクスを利用する3つの理由!】仕事・お金・人間関係の悩みを解決

人生における様々な悩みは、仕事・お金・人間関係に分けることができます。仕事・お金・人間関係の悩みについて、ウェルスダイナミクスの理論を使うと、人生の道しるべを得ることができます。

雪乃
雪乃

私も仕事や婚活での悩みがあり、ウェルスダイナミクスの簡易テスト(無料)を始めに受けたのですが、もっと深く知りたいと思い、「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を受けました。その後、ウェルスダイナミクスの理論が面白すぎて、シニアプラクティショナーの資格も取ってしまいました。

仕事・お金・人間関係の悩みをそれぞれ挙げると、

【仕事の悩み】

・自分の得意なことを活かす仕事をして独立したい。

・社会の役に立つ仕事をしながら、自分の可能性を広げたい。

・今の仕事で、もっと成果を出したい。

・仕事のチームでの自分の役割をハッキリさせたい。

・自分の下で働くメンバーの良いところを伸ばしてあげたい。

・チームの人間関係をより良くしたい。

仕事における個人の悩み、チームにおける課題、経営者の悩みなど、ウェルスダイナミクスの理論を使って解決したという例がいくつもあります。

【お金の悩み】

・一生懸命仕事をしているのに、なぜかお金が増えない。

・老後にお金のことで悩むのかと思うと不安になる。

・生活に困らないだけのお金を稼ぎ、余裕をもって暮らしたい。

・得意な分野で活躍し、物質的にも豊かになりたい。

人生においてお金がすべてではありませんが、お金に対する不安が大きいことは確かです。ウェルスダイナミクスの理論を使うと、経済的な自由までの近道がわかります。

【人間関係の悩み】

・仕事でも近所付き合いでも、夫婦関係でも、いつも人間関係について悩んでいる。

・婚活で、男性と上手く関係を築くことができずに悩んでいる。

・職場にどうしても苦手な人がいてしんどい。

・子育てや教育の分野で、子どもの良さを認めてあげることができない。

・大勢の人といるのが苦手で、そんな自分が嫌になる。

人間関係は人それぞれですが、なぜか上手くいかないと感じていたり、そんな自分が嫌だと思ったり。人間は1人で生きていくわけにはいかないので、人間関係が嫌でもついてきます。

ウェルスダイナミクスの理論を使うと、自己分析とともに他者理解が進むため、人間関係を円滑できるようになります。

ウェルスダイナミクスの基本情報

wealthdynamics

ウェルスダイナミクスの理論を使うことで、仕事・お金・人間関係において、自分の強み・弱みを知り、自分の強みを活かす戦略をとれるようになります。

上のような悩みを解決し、

自分の特性を知り、迷うことなく仕事に取り組める

自分の得意な分野で、たくさんの人に喜んでもらえる仕事ができる

チームメンバーの特性を知って、より良いチームをつくれる

お金の収支を知り、将来安心して暮らせるように資金運用できる

自分を知り、人の良さも理解できるようになり、良好な人間関係やパートナーシップを築くことができる

これらを実現する手助けとなるのが、『ウェルスダイナミクス』です。

『ウェルスダイナミクス』は大富豪のロジャー・ハミルトンさんが提唱した、「自分の才能を開き、経済的な自由を手に入れる」ための理論です。

ウェルスダイナミクスの4つの理論

『ウェルスダイナミクス』は4つの理論に分類されます。

・ウェルスダイナミクス

・ウェルスフィットネス

・ウェルスネットワーク

・ウェルススペクトル

これら4つの理論を体系的に学び、実践することで、経済的な自由を手に入れることができます。4つの理論を簡単に説明します。

ウェルスダイナミクス

個人を8つの才能(プロファイル)に分類します。

8つのプロファイルは、下図のクリエイター・スター・サポーター・ディールメーカー・トレーダー・アキュムレーター・ロード・メカニックの8つです。必ず、どれかのプロファイルに当てはまります。

wealth_square

プロファイルを決定するのが、4つの周波数です。上図のダイナモ・ブレイズ・テンポ・スチールの4つの周波数の割合を、診断テストで分析します。

まずは無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」を受け、次に「プロファイルテスト」を受けることをオススメします。

無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」

・「自分の周波数」と
・「ウェルスダイナミクスとはどんなものか」を知ることができる。

\氏名とメアド入力で受験可能/

有料の「プロファイルテスト」

自分の人生の可能性を全力で生きたいという方向け
・「4つの周波数の割合」と
・「自分のプロファイル」を知ることができる。

\基本情報入力で受験可能/

雪乃
雪乃

プロファイルテストは13,000円と安くはないかもしれませんが、今後の人生が明るくなることは間違いありません。

ウェルスフィットネス

ウェルスダイナミクスで知った自分のプロファイルを活用するための準備が、ウェルスフィットネスです。

筋トレと同じく、「経済的な自由を手に入れる」ためのトレーニングの理論です。

ウェルスネットワーク

ウェルスフィットネスと同時に鍛えたいのが、ウェルスネットワークです。

「経済的な自由を手に入れる」ための人間関係、ネットワークの理論を示しています。

ウェルススペクトル

最後はウェルススペクトル。「自分の才能を開き、経済的な自由を手に入れる」ためのステップを着実に歩んでいくための指標です。

ステップを踏むためには、まずは今、自分がいる場所を知る必要があります。その場所は「スペクトルテスト」で知ることができます。

4つの周波数と8つのプロファイル

ウェルスダイナミクスでは、個人の中に4つの周波数があるとして、4つの周波数の割合を診断します。4つの周波数はダイナモ・ブレイズ・テンポ・スチール。

4つの周波数の組み合わせによって、個人の才能(プロファイル)が決定します。8つプロファイルは、クリエイター・スター・サポーター・ディールメーカー・トレーダー・アキュムレーター・ロード・メカニック。

下図は、4つの周波数と8つのプロファイルを示したスクエアです。

ウェルスダイナミクススクエア

4つの周波数の特徴を見ていきましょう。

ダイナモ

上図のスクエアで、上側に位置しているのが「ダイナモ」の周波数です。

ダイナモの人のプロファイルは、「メカニック・クリエイター・スター」のうちのどれかになります。

ダイナモ
ダイナモ

ダイナモは「発電機」という意味で、発電機のように自分の中からアイデアがポンポン出てくる人達です。

ダイナモの人は、直感的に物事を考えます。

ダイナモのプロファイルの人たちは活気があり、行動的で想像力があります。

革新的なアイデアがどんどん溢れてくるため、ゼロからイチを生み出すことが得意です。

物事を始めることが得意な反面、終わらせることは苦手です。

次々とアイデアが出てきてしまうため、物事を終わらせている暇はナイということです。

雪乃
雪乃

「次、何をすべきか?」と悩んでいるときにダイナモの人と喋ると、次々と「○○したら良いんじゃない?」「○○しても面白いよね。」と案を出してくれるので、凄いなあと思います。

テンポ

上図のスクエアで、下側に位置しているのが「テンポ」の周波数です。ダイナモとは正反対の特徴です。

テンポの人のプロファイルは、「ディールメーカー・トレーダー・アキュムレーター」のうちのどれかになります。

テンポ
テンポ

テンポは「リズム・調子」という意味で、調和や絆を優先する人達です。

ダイナモが直感的に物事を考えるのに対し、テンポは協調性が高く、五感的に物事を考えます。

常に周りを見て行動するため、チームプレイがとても得意です。

自分よりも周りの人を重視する行動をするため、信頼が厚く、安定感のある人として評価されます。

「いつ、どこですべきか」を考えることが得意で、チームに調和を与えます。

ただ、ダイナモと正反対の位置にあるため、物事を始める力は低いです。

ブレイズ

上図のスクエアで、右側に位置しているのが「ブレイズ」の周波数です。

ブレイズの人のプロファイルは、「スター・サポーター・ディールメーカー」のうちのどれかになります。

ブレイズ
ブレイズ

ブレイズは「炎」という意味で、情熱的で社交性があります。

ブレイズは外向的な人で、人を対話することで自分の行動を決めていきます。

「あの人、熱い人だな~~」と感じる人がいれば、その人はブレイズである可能性が高いです。

大勢の人の前に立って活躍したり、人を巻き込んで盛り上げたり、人と人をつなげたり、人との関わりを得意とする人達です。

物事を大雑把に捉える傾向があるため、物事を細かく分析することは苦手です。

スチール

上図のスクエアで、左側に位置しているのが「スチール」の周波数です。ブレイズとは正反対の特徴です。

スチールの人のプロファイルは、「アキュムレーター・ロード・メカニック」のうちのどれかになります。

スチール
スチール

スチールは「鋼」という意味で、効率を重視し、論理的です。

スチールは内向的な人で、人に頼るよりも、自分でじっくり考えたり、データを比較したりしながら行動を決める傾向があります。

一見冷たいイメージがありますが、「青い炎」と言われるほど熱いです。

スチールの人は、費用対効果を大切にし、確実性のあることが大好きです。

また、物事を冷静に分析し、改善していくことが得意です。

ブレイズとは正反対なので、人以外のことをより重視する傾向があります。

人との付き合いが苦手というよりは、人脈づくりが得意ではありません。

自分の周波数を知ること

4つの周波数について、ざっくりですが説明しました。

雪乃
雪乃

私が無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」を受けた結果は、スチールでした。結果を見た時に、「う~ん、そうかな?」と思いました。

スチールという結果を見て、以下のように感じました。

確かに、物事を分析することは好きで、効率が悪いことは嫌い。これはスチールっぽい。

でも、人と喋ることも好きだし、子どもの成長に関わりたいから教師をしていたわけで。それなら、ブレイズかもしれないし。

ついでに、チームの調和とか、人が何を考えているとかをよく考えるので、協調性もあると思うけど。だから、テンポな部分もあるし。

確かに、会社員時代はブレーンストーミングが苦手で、何もアイデアが出てこなかったから、ダイナモではないとは思うけど・・・。

このように、私の周波数はダイナモもブレイズもテンポもスチールも、すべて混ざっています。私の中で、一番割合の大きい周波数が「スチール」ということなのです。

周波数がスチールの私でも、「ダイナモ○%、ブレイズ○%、テンポ○%、スチール○%」と、他の3つの周波数も混ざっています。

4つの周波数の割合が分かり、さらに自分のプロファイルが分かるのが、有料の「プロファイルテスト」です。

雪乃
雪乃

私が「プロファイルテスト」を受けた結果は、アキュムレーターでした。

プロファイルテストで周波数の割合とプロファイルの特徴を知り、ものすごくしっくりきたのを覚えています。

自分の強み・弱みを知り、強みを活かそうと思うようになりました。そして、自分の弱みをフォローしたり、サポートしてくれる人のありがたさに気がつけるようになりました。

自分を知ることが、仕事や人間関係の改善につながります。

まずは無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」を受け、次に「プロファイルテスト」を受けることをオススメします。

無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」

・「自分の周波数」と
・「ウェルスダイナミクスとはどんなものか」を知ることができる。

\氏名とメアド入力で受験可能/

有料の「プロファイルテスト」

自分の人生の可能性を全力で生きたいという方向け
・「4つの周波数の割合」と
・「自分のプロファイル」を知ることができる。

\基本情報入力で受験可能/

雪乃
雪乃

プロファイルテストは13,000円と安くはないかもしれませんが、自分のプロファイルを知ることが日常生活の悩みを解決する糸口になりますよ。

ウェルスダイナミクスを知って

私は、ウェルスダイナミクスを知る前は自分の才能や特性に気付くことができていませんでした。

どれだけインプットしても、どれだけアウトプットしても、どこか不安で、自分の頑張りで満たされることはありませんでした。

自分の得意を見過ごし、不得意なことばかりやっていたように思います。苦手なことを頑張るのも良いのですが、やっぱりしんどかったです。

しかし、ウェルスダイナミクスに出会ったことで、自分の強みを理解し、自分の弱みをサポートしてくれる人達と出会えました。

自分を理解した上で、自分の得意なことで、心も体も、ついでにお金も豊かになれば最高です。

仕事やお金、人間関係に悩みがあるという方、より良い人生にしたいという方には、『ウェルスダイナミクス』がオススメです。

ウェルスダイナミクスで自分の才能を知り、人生の悩みを解消していきましょう。

自分の才能を知ることで、自己分析が深まる

自己分析が進むと、他者理解を深められ、人間関係が改善する

自己分析が進むと、自分の進むべき道を決められる

自己理解、他者理解が進むと、仕事やプライベートが充実する

まずは無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」を受け、次に「プロファイルテスト」を受けることをオススメします。

無料の「簡易テスト(ジーニアステスト)」

・「自分の周波数」と
・「ウェルスダイナミクスとはどんなものか」を知ることができる。

\氏名とメアド入力で受験可能/

有料の「プロファイルテスト」

自分の人生の可能性を全力で生きたいという方向け
・「4つの周波数の割合」と
・「自分のプロファイル」を知ることができる。

\基本情報入力で受験可能/

こちらの記事もおすすめ!