教師を目指す

【教員採用試験が有利に?】社会人には学習支援ボランティアをオススメ!

te18

本記事は、「教師経験のない社会人の方が安心して教員採用試験の合格を目指すための方法」についてです。

教員採用試験は現役大学生や現役講師がライバルで、講師経験のない自分には不利だと感じている。

講師経験のない社会人が、教員採用試験を有利に進める方法を知りたい。

このように、講師経験を積まずに、教員採用試験の合格を目指す人もいます。この場合、教育現場の経験は、教員免許を取得するための教育実習だけの可能性が高いです。

雪乃
雪乃

まさに私がそうでした。社会人になって何年も経っているのに、教育現場の経験がないまま教員採用試験を受けるのに、少し抵抗がありました。

今回は、社会人が教育現場を経験する手段として「学習支援ボランティアの参加」をオススメします。教師経験がない社会人が、少しでも自信をもって教員採用試験に臨めるように、是非ともチャレンジして頂きたいです。

○ 学習支援ボランティアに参加したい人は、「○○(自治体名)、学習支援ボランティア」で検索し、各自治体のHPを確認しましょう!

社会人経験しかない人が教員採用試験で不利な理由

教員採用試験を受験する人は、大きく以下の3つに分類できます。

現役大学生

講師経験のある人

講師経験のない人(社会人)

それぞれのメリット、デメリットについてお話しします。

【現役大学生】若くて知識がある

教員採用試験を受験する半数以上が現役大学生です。

【現役大学生のメリット】

若い。給料が安くてすむ。教員になるための知識が豊富。

・現役大学生のメリットを一言で言うと、「若くて素晴らしい」ということです。採用する側から見れば、初任給も安くすみます。

・若いと、これからいくらでも失敗できます。経験も積めます。

・大学生で教員採用試験の対策も十分できているため、教師になるための知識や学習の知識も豊富です。知識があることと、現場で役立つことは一致しませんが、知識がないよりもある方が良いのは間違いありません。

【現役大学生のデメリット】

教育現場の経験がない。社会人経験もない。

現役大学生は教育現場の経験がありませんが、教員免許を取得するために大学に行っている大学生は、現場を経験できる機会も多く準備されています。地域の学習支援ボランティアに参加したり、大学の単位で実際の小学生や中学生の学習支援に行ったりできる場合もあります。

大学生は、教師になるために必要な経験を大学でさせてもらえるので、それらの経験を教員採用試験で話すこともできます。大学生のメリットを存分に利用して、教員採用試験に挑むことができます。

【講師経験のある人】教師として安定感がある

常勤講師であれ、非常勤講師であれ、現役講師が教員採用試験を受けることも多いです。教員採用試験の受験生で現役大学生の次に多いのが現役講師です。

【現役講師のメリット】

教育現場の経験がある。教師として安定している。

・講師のメリットは、何と言っても現場の経験があることです。

・講師経験のある人は、年齢や経験年数、雇用形態にもよりますが、採用する側がある程度その人の力を予測することができます。採用する側から見ると、「この人はこれぐらいの力量がある」というのが分かっていると非常に安心できます。

雪乃
雪乃

受験する自治体で講師として働いている人は、自分の力量を採用試験で存分に披露しましょう。講師経験を何年も積んでいる人は、自信をもって採用試験に挑むべきです。

【現役講師のデメリット】

若くない。講師経験があるため給料が高い。ある程度実力が知れ渡っている。

・講師のデメリットは、講師の年数にもよりますが、大学生に比べると若くないことと、講師経験があるために給料が高いことが挙げられます。

・講師経験によって、採用する側にある程度実力が知れ渡っている可能性があります。採用する側は教師として安定した人材を採りたいため、年齢や講師経験が不利になる場合もあります。

・講師経験が不利にならずに、講師経験のメリットを活かせるように頑張りましょう。

【講師経験のない社会人】若くない + 現場経験もない

教員採用試験の受験生での割合は低いかもしれませんが、講師経験のない社会人が試験を受ける場合もあります。講師経験のない社会人の特徴は、現役大学生のデメリットと現役講師のデメリットを足したようなものです。

【講師経験のない社会人のメリット】

社会人経験がある。

・社会人のメリットは、大学卒業後に社会人経験があることです。

・教員採用試験を実施する自治体にとっても、社会人経験のある教師は重宝します。

雪乃
雪乃

教員採用試験で自分の社会人経験を上手く伝えることが大切です!

【講師経験のない社会人のデメリット】

若くない。社会人経験があるため給料が高い。教師としての実力がわからない。

・社会人のデメリットは、教育現場の経験がないのに、若くないために給料が高いことです。採用する側にとっては辛いものがあります。

・社会人経験があったとしても、教師として通用するかどうかはわかりません。

・社会人経験がある人は本当に貴重な存在ですが、それを採用試験でアピールしたり、現場で役立てたりしない限り、ただ社会人経験があるだけでは、不利になってしまいます。

雪乃
雪乃

社会人経験を有利な条件にするために、現役大学生や現役講師の人たちにも勝てる材料をたくさん準備していきましょう!

教師を目指す社会人は学習支援ボランティアに参加しよう

講師経験のない社会人の一番のデメリットは「現場経験がないこと」です。

これは、大学生のデメリットと同じです。しかし、大学生はこのデメリットを補うために、学習支援ボランティアに参加し、「少しでも現場を体験する」ことをしています。

雪乃
雪乃

是非とも、教師を目指す社会人の方も、地域の学習支援ボランティアに参加してみてください。

学習支援ボランティアに参加するメリット

学習支援ボランティアは地域によって行われています。「○○市の○○小学校・○○中学校の学習支援」といった感じで、実際に地域の小学生や中学生と関わることができます。学習支援ボランティアは現場経験のない社会人にとって、大きな経験になります。

【学習支援ボランティアのメリット】

・ボランティア経験で、教員採用試験で加点される場合がある。

・ボランティア経験を、教員採用試験の自己PRに書ける。

・ボランティア経験で、今の子どもたちの様子がわかる。

・ボランティアだが、一定のお金をもらえる。

・ボランティア経験が、教員採用試験の加点対象かどうかは自治体によります。ほとんどの自治体では加点対象ではないかもしれませんが、ご自身が受験する自治体を確認してください。

・ボランティア経験は自己PRに書くことができるので、教師への意欲を示すことができます。

・社会人の場合、小学生や中学生と関わることがほとんどないので、ボランティアで今の子どもたちの様子を直接見ることができるのは大きいです。

雪乃
雪乃

私も1年ほど、当時住んでいた地域の学習支援ボランティアに参加していました。中学生の学習支援だったのですが、社会人は「中学校で何を勉強しているのか」という基本的なことも忘れているので、中学生と喋っていろんな情報を得ていました。

学習支援ボランティアに参加するデメリット

講師経験のない社会人には、断然オススメの学習支援ボランティアですが、デメリットも1つだけあります。

【学習支援ボランティアのデメリット】

・仕事の後にボランティアに参加しなければいけない。

・地域の学習支援ボランティアは、基本的に夕方~夜にかけて行われるので、仕事の後に参加することになります。

・仕事が忙しすぎるとボランティアに参加できないため、「自分の時間を使ってボランティア経験を得る」と心に決めて、仕事も体力も調整しながら参加すると良いです。

講師経験のない社会人が教員採用試験に合格するために

「学習支援ボランティアに参加したら、確実に教員採用試験に合格する」とはもちろん言えません。しかし、教員採用試験に合格するためには、不安要素を少しでも取り除いておくことが大切です。

雪乃
雪乃

学習支援ボランティアをする時間がないのならば、無理にする必要はありません。筆記試験や面接試験の対策を十分にすれば良いだけです。

教員採用試験は、自信をもって受験することが合格への近道です。

「自分に足りないモノを補った方が自信をもって受験できる」という人、「時間に余裕があるからやれることはやっておこう」という人は、是非とも学習支援ボランティア検討してみてください。

○ 学習支援ボランティアに参加したい人は、「○○(自治体名)、学習支援ボランティア」で検索し、各自治体のHPを確認しましょう!

教採の各試験の対策方法は以下をご覧ください。

wealthdynamics

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

自身の強みを正確に知る

必要とされている場所に動く

必要としている人と組む

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも 使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

教師として働いていく中でも、『ウェルスダイナミクス』を活用できます!

教師の仕事で、自分の強みを活かしたい。

他の先生を羨ましがらずに、自分なりの教師像を確立したい。

学年教師集団の人材を上手く活かすために、チームを分析したい。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けて、自分の強みを知りましょう!

\氏名とメアド入力で受験可能!5分で完了!/

さらに、「プロファイルテスト」でジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

ウェルスダイナミクスについて記事を書いています!
te37
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール 自分の強みを自信に変え、自分の行動の道しるべとなる優秀な自己分析ツールの『ウェルスダイナミクス』。ウェルスダイナミクスは仕事の悩みや...
こちらの記事もおすすめ!